哲学講義

仇櫻堂日乗

【まえがき】会社勤めの傍ら、趣味で文章を書いています。私の日常での出来事や考えたことに加えて、読んだ本、鑑賞した美術などの展示、コンサートや能楽公演の感想、それに小説などの作文を載せます。PC表示ですとサイドバーに、スマホ表示ですと、おそらくフッターに、検索窓やカテゴリー一覧(目次)が表示されますので、そちらからご関心のある記事を読んでいただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

絵画等のこと の検索結果:

絵画等のこと⑤「福田美蘭展 千葉市美コレクション遊覧」@千葉市美術館 他

■絵画等のこと⑤ 2021年芸術の秋に…… このところ、見たい美術展が立て込んでおり、一週間に三箇所という暴力的なペースで拝見してきたので、吐き出します。 ●柳宗悦没後60年記念展 民藝の100年@東京国立近代美術館 のこと 東京国立近代美術館にて開催中(〜2022年2月13日)の「民藝の100年」展。 民藝とは柳宗悦らが、1920年代から提唱しはじめた、所謂芸術作品ではなく、日常使いの器や道具、衣類等で、美を感じるもののこと。そうした焼き物等のことを下手物(げてもの)と呼ぶ…

2021年8月の徒然なること

…い事を考えてる。 ●絵画等のこと4.01「前川千帆展/江戸絵画と笑おう」@千葉市美術館 www.ccma-net.jp 千葉市美術館にて開催中の「前川千帆展」に行ってきた。 私は前川千帆を存じ上げなかったのだけれど(千葉市美術館の友の会組織である「ちばしびフレンズ」に入会しており、何度でも企画展を拝見できてしまう故に、こうして知らない方の回顧展に足を運んで、新たな出会いを得ることもできるのです)、1888年に京都市に生まれ、漫画家のちに創作版画家として、1960年まで活躍され…

絵画等のこと④「大・タイガー立石展」@千葉市美術館

■絵画等のこと④「大・タイガー立石展 POP-ARTの魔術師」@千葉市美術館 千葉市美術館と著者 千葉市美術館にて2021年7月4日(日)まで開催中の「大・タイガー立石展 POP-ARTの魔術師」を拝見したので、感想を記しタイガー。 ●タイガー立石のこと タイガー立石(本名立石紘一)は1941年、九州・筑豊の伊田町(現・福岡県田川市)に生まれた画家・漫画家・絵本作家・陶芸家である。石炭産業で栄える、炭鉱の町であったそうだ。 1964年に中村宏とともに観光芸術研究所を設立、19…

2021年2月の徒然なること

…、そわそわする。 ●絵画等のこと3.01「ブラチスラバ世界絵本原画展 こんにちは!チェコとスロバキアの新しい絵本」@千葉市美術館 千葉市美術館に「田中一村展 千葉市美術館収蔵全作品」を見に行ったところ、同時開催で恒例の展示である、「ブラチスラバ世界絵本原画展 こんにちは!チェコとスロバキアの新しい絵本」が期待以上。 ちなみに田中一村は千葉市でにも20年以上居住した後、退路を断って奄美に移住した画家。代表作である「アダンの海辺」が、リアルに波の音が聞こえそうでよいのだ。 そして…

2020年12月の徒然なること

…て、そこに不定期で”絵画等のこと(美術鑑賞等)”、”映画等のこと(映画鑑賞等)”、”敷設のこと(パラレルキャリア等)”の連載や、冠を付けない、能楽鑑賞の記録等を入れていくと、なんとなくまとまりとひろがりのバランスが良くなったように、自分では思っている。 末筆になりましたが、2020年も当ブログをご愛読いただき、誠にありがとうございます。2021年も変わらず、彷徨いながら週に一度日曜日の投稿を続けますので、変わらぬ応援の程、よろしくお願いいたします。冷え込みの厳しい時期ですがご…

絵画等のこと③「能をめぐる美の世界」@静嘉堂文庫美術館 他

…0年11月の徒然なる絵画等のことを、大いに語ります。 ■絵画等のこと③ ●「成田美名子原画展」@有楽町マルイ8Fイベントスペース 有楽町で開催された、漫画家のの成田美名子の原画展。整理券制で15分ほど待たされ、また狭い会場内であったのでそれなりに混雑していたが、とはいえお客さんの回転も早く、比較的スムーズに鑑賞できた。 作品は少女漫画なので、おっさんである私は成田美名子については詳しくない。ただ唯一、私が仕事で能に関わることがあった際に、友人が勧めてくれて、『花よりも花の如く…

絵画等のこと②「ムーミン75周年ムーミンコミックス展」@松屋銀座8Fイベントスクエア

■ムーミンコミックス展のこと moomin-comics.jp 松屋銀座8階にあるイベントスクエアにて2020年9月24日(木)~10月12日(月)で開催中の「ムーミンコミックス展」を鑑賞してきたので、その感想を記す。 そもそもムーミンはフィンランド人(スウェーデン語話者)の画家であるトーベ・ヤンソンが、雑誌「ガルム」等の挿絵で登場させたキャラクターで、トーベ自身の分身であったと言われている。ファシズム等の当時の世相を風刺した内容で、このころのムーミン(スノークと呼んでいたそ…

絵画等のこと①「帰ってきた!動物大行進」@千葉市美術館

■千葉市美術館 のこと 1995年に開館し、今年で開館25周年を迎えた千葉市美術館が、2020年7月11日(土)にリニューアルオープンしたので、先日、行ってきた。館内のエレベータの中央、足元にソーシャルディスタンスのシールが貼られており、美術館ならではでお洒落である。 これまでは千葉市中央区役所と同じビルに同居していたが、区役所が近所のきぼーる(Qiball)にお引越ししてしまったため、1棟すべてが美術館施設となったのである。千葉市美術館の建物は、1927年に設立された旧川崎…